top of page
FDA-Building-4-1080x675.jpg

「スーパーメディカルマット」
日本で唯一
FDA(米国医薬医療食品局)の
承認を得た「治療医療器具」

◆臨床試験で改善が認められた症状

安心の日本製で約20年の実績。

​スーパーメディカルマットの高い保温効果で血流改善による病状改善

FDA認可の安全性とは

◆FDAマークは米国医薬医療食品局が承認・発行する、安全・信頼の証です。
日本では唯一、株式会社メホールジャパンだけが認可されています(※2024年4月現在)。

◆FDA認可の秘密

ブラックシリカの中でも30%しか取れない「スーパーブラックシリカ」原材料としています。

製鋼大手企業が世界に誇る「鉱石不純物撤去技術」によって有害物質は全て撤去され、スーパーブラックシリカ100%を原材料とした、「蓄熱マテリアル」の開発に成功してます。

「蓄熱マテリアル」を加工するときも、体に害の無い素材を厳選し、シート全体が均等に仕上がる特殊技術などを踏まえて、商品「スーパーメディカルマット」を商品化しています。

◆サウジアラビアでスーパーメディカルマットが話題に!!

政府専用機内の副皇太子特別仕様の座席シート、及び副皇太子ご自宅にてご愛用されております。国立病院で、糖尿、ガン、床ずれの予防及び治療に使用されております。

ブラックシリカ_edited.png

◆ブラックシリカ商品の

見極め方とは・・・

☆昨今、各種鉱石を使用したマット、電気を利用して温めているマット(体の水分を奪うので注意)が氾濫していますが、これでは血管拡張しませんし、血行はよくなりません。

通常眠りにつくと、脳に休息を与え、エネルギーの消費を抑える為に体温は低くなっています。

電気で温めるものを使用することにより、体温が低下せず脳や体の休息が得られなくなります。

また、心拍数にも変化がみられ通常ならば下がっていくはずの心拍数が下がりきらず、心臓への負担も大きくなり疲れも取れにくくなるのです。

脳・心筋梗塞の元凶になりますのでマットのお選びにはお気をつけて。


☆臨床試験等を実践しているメーカーの商品を基準に、当店の商品を手に取ってみてはどうでしょうか?

​製品紹介

スーパーメディカルマットは 血管拡張、毛細血管拡張効果が、臨床試験で実証されており、糖尿病の合併症まで改善する画期的な世界に類を見ない商品です。

​マットレス

fabi_edited.png

【全身用薄手】

マット携帯_edited.jpg

今がお得!!

​全身用薄手タイプは期間限定
無くなり次第終売となります。

​ボディー

fabi_edited.png
5_edited.jpg

【ホットケアサポーター】

uesutosapo-ta-_edited.jpg

【ウエストサポーター】

【レッグロール】

【インソール (レッド・グレー)】

【ネックピロー】

ネックピロー1_edited_edited_edited_edited.jpg
スーパーメディカルマット【ペット用】1_edited_edited_edited

【ペット用】

​臨床試験

1:​試験内容

保温、血流改善効果のクロスオーバー二重盲目無作為化比較試験、検体65歳以上男女被験者6名(除外基準:疾病により加療している患者)

​2:試験方法

  • 2時間甲側マット使用後に1時間のブランクをおき、2時間の乙側マットを使用する。

  • 2時間使用における保温、血流改善効果をサーモグラフィー、血流計により測定する。

​3:補助試験

  • 6時間のクロスオーバー無作為化比較試験を2名の被験者で実施した。

  • 試験環境室(室温25度、湿度40%)、サーモグラフィー、血流計(オメガウエーブ)

​4:施設名称

  • 大阪大学医学部関連(株式会社エバンス研究所)

​5:検査担当医師

  • 近藤磯(医学博士)

​6:試験実施日

  • 平成20年8月1日

​臨床試験結果

既存商品と比べて高い保温効果と血流改善効果

◆クロスオーバーによる2時間後のスーパーメディカルマットとエアマットとの体表温度と皮下血流の比較。

  1. 昇温効果ならびに血流改善効果が認められた。

  2. 炭等に比べ蓄熱マテリアルが保温性に優れていることが検証された

  3. 蓄熱マテリアルは赤外線の放射量が炭等に比べ高いことが検証された。

◆付随データ

  1. 患者背景:女性4名、男性2名(平均年齢72.7歳)

  2. 背景疾患:高血圧症1名(男性)

  3. 高脂血症1名(女性)血流解析機器:OMEGA FLO-C1(オメガウェーブ社)

  4. 血流解析ソフト:OMEGAWORX OX-4(オメガウェーブ社)

  5. サーモグラフィー:SLIK AMT pro700DX-AMT

  6. 血流測定部位:5ヶ所(第5腰椎、第2仙骨、第3仙骨、第2仙骨左右)

P<0.0001 でスーパーメディカルマットの基礎体温が高値であった。

背部表面温度が有意に上昇しました。

※試験後の被験者の安全性については問題ありませんでした。

独自開発の蓄熱マテリアルにより、高い保温性を実現

3

高い赤外線放射率を確認

4

その他臨床試験について

◆長崎県窯業技術センターで赤外線放射率試験

ホットケアマットとウレタンゴムマット比較試験

◆大阪大学医学部付属病院関連施設:大阪脳神経科

患者15名による床ずれ患者の治療試験及び患者の基礎体温の上昇試験治癒及び基礎体温は33度台から37度台に上がるのが検証された。

◆国立帯広畜産大学病理学部

動物による血管拡張試験でも、血管、血流改善が実証。

世界で初めての臨床実験です。

​褥瘡について

◆『褥瘡』(じょくそう)とは・・・・

皮膚の下を流れる血管が長時間圧迫されて血流が弱まると、その部分の酸素や栄養の供給が止まり、皮膚と周辺の組織の壊死が起こります。

進行すると、壊死した周辺組織が崩れ、ポケットと呼ばれる穴が開きます。こうなると治癒までにはかなりの時間を要します。細菌感染も治癒を遅らせる要因となります。

◆ 褥瘡の予防法について・・・・

まずは皮膚を清潔に保つ事と、寝たきりの方は定期的に体位交換をする事ですね。

痩せて栄養状態が悪くなった方は、まずはそこを改善する事が大切です。

◆ 初期の段階で注意すること・・・・

基本的には予防法と同じです。その他に、早期からマット等で血液の循環を良くする事も大切です。

◆ 血液の循環を良くするという治療法・・・・

圧迫されて血液の循環が悪くなる事が褥瘡の原因ですから、それを改善するのは大切な事です。

在宅の患者さんで褥瘡になった15名の方の血液の循環を良くした所、全ての患者さんが治癒しました。

◆ 褥瘡が悪化すると・・・・

褥瘡も在宅でかなりの治療がが出来るようになりました。ただ、悪化した際は、壊死した部分を切除するために1泊の入院をした頂く事があります。

もちろん細菌感染がある方は、治療法が変わって来ます。

◆ スーパメディカルマット機能検証結果

 5月21日~9月17日

A様のケース

5月21日

9月17日

B様のケース

5月21日

9月17日

監修:吉田 信一氏

 

プロ野球:ソフトバンクスホークス メディカルドクター

ももち浜クリニック・ツインズももち在宅診療所 理事長(医師、医学博士)

シカク_edited_edited_edited.jpg

​出版物

『糖尿病と合併症は自宅養生で癒える』

~慢性病にブラックシリカが凄いチカラ/米国FDAが認めた!~

永遠不滅生命体ソマチッドを活性化北海道上ノ国町天の川でしか産出されない、ブラックシリカが、奇跡の鉱石として注目が集まっている。

アイヌの人たちがかつて“神の石”としてあがめいたとも言われる、この鉱石の不思議な作用、粉末化してできたシリカマットの臨床試験結果とその改善症例、自宅でできる養生法などを紹介する。

プロローグ 永遠不滅生命体ソマチッドが生命力を喚起する!!

◎糖尿病及び合併症治癒への道標が見えた!! 12

◎毛細血管の血流が改善すれば、慢性病は改善する 14

◎ブラックシリカからニュートリノが放射される 15

◎精神が“創造、愛、進化融合”に向かうと自然治癒力が喚起する! 17

第1章 神秘のエネルギーを放射するブラックシリカって何だ?

Ⅰ 北海道上ノ国町天の川で見つかった不思議な鉱石 20

Ⅱ テラヘルツ波の共振・共鳴現象がソマチッドを活性化する 28

Ⅲ 阪大医学部付属病院関連施設で褥瘡改善効果を確認 51

第2章 米国FDAが認めた合併症予防効果

Ⅰ 難儀を極めたシリカマットの開発前夜 60

Ⅱ 厚労省OBが天下るテクノエイド協会に弾き飛ばされた 74

第3章 医療機関から報告された驚異的な症例

Ⅰ 毛細血管が拡張し細胞壊死を修復する 92

Ⅱ 体温が上昇すれば万病を改善できる! 105

第4章 ガンより怖い!? 糖尿病の合併症

Ⅰ 放っておくと両足切断、網膜症を発症する 120

Ⅱ 体を温めればガンは癒える 139

Ⅲ 日本の伝統食がガンや高血糖を予防、若返りを促進する 157

第5章 ぼけずに若返る養生法を公開!

Ⅰ 細胞膜の脂の構成比を改善すれば認知症は防げる 168

Ⅱ 増加する自律神経失調症やうつ病を防ぐ 179

Ⅲ 骨粗しょう症による大腿骨骨折を予防する 192

エピローグ あなたの神意識が自然治癒力を喚起する! 209

シカク_edited_edited_edited.jpg

​お客様の声

①陸上自衛隊ヘリコプター部隊・航空自衛隊パイロットで使用済み
血糖値・血圧等の異常値者は、乗務出来ず治療に専念させられますが、治療用具として「スーパーメディカルマット」が使用されております。

②主婦 70歳
心筋梗塞で倒れ入院しましたが、右半身不随になり風呂・トイレも 1人で入れず、退院後も寝たきりの状態となりました。
たまたま友人に聞いた「スーパーメディカルマット」を知り、藁にもすがる思いで使用しましたところ、1ケ月で風呂・トイレが他人の助けを必要としなくなり、現在では掃除・洗濯も出来る様になっています。

③主婦 51歳
高血圧で長年に渡り血圧降下剤を服用していましたが「スーパーメディカルマット」を使用してから約 1ケ月で血圧は正常値の 140まで下がり、現在は心配することもなく元気に毎日パート勤務しています。

④ ジェット旅客機パイロット 52歳
血糖値が高く、視野異常・偏頭痛・腰痛・血圧異常等により乗務停止となっておりましたが「スーパーメディカルマット」を約2週間使用したところ症状が大幅改善し、通常乗務に復帰出来ました。
現在では、好きな晩酌 (日本酒)を始めましたが、異常値は出ておりません。

⑤自営業 58歳
顔面筋肉麻痔・言語不明瞭の状態で、自力では食事も取り難くお茶やコーヒーは口元から溢す等、人前には出られない症状が続き、医師から
6ケ月以上の入院・治療を要すると宣告されました。その際、破れかぶれの心境となり、人づてに聞いた「スーパーメディカルマット」を入手し、試しに顔に巻
いて就寝したところ 3日の使用で完治し、商売に復帰しています。

⑥自営業 63歳
3年程糖尿病を患い、インシュリンを手放せない状態になりました。友人に勧められ「スーパーメディカルマット」を2週間使用したところ、症状が改善され現在では殆ど健康体に近い状態です。それでインシュリン注射も不要となりで毎日仕事に励んでいます。

⑦パート・主婦 53歳
糖尿病を患い 3年になりますが、足にコムラ返りが起き、とても痛く苦しい状態が続いていました。ところが「スーパーメディカルマット」を使用したところ、痛み等感じる事も無くなり、パートや家事を楽しくこなしています。

⑧主婦 42歳
重度のギックリ腰で、起きる事・立ち上がる事が出来なかった。「スーパーメディカルマット」を使用したところ、約30分で身体が温かくなり、1時間後に物に掴まって立ち上がれ、日一日と良くなり普通に歩ける様になりました。
また、10年前乳ガンを患い、定期的に抗ガン剤を投与していましたが、副作用で腕が腫れ、物を掘る事も腕を上げる事も出来なかった。「スーパーメディカルマット」を使用したところ、約 1ケ月で症状が全部解消され、抗ガン剤の投与も減らしています。

⑨無職 71歳
糖尿病により右足ヒザ下を切断しました。その切断部分の激痛でわめきちらし、うずく部分を妻が押さえていました。又、ボケも少しずつ進んでいましたが、
「スーパーメディカルマット」を知り使用したところ、直ちにその症状・行為が全てなくなりました。現在両足とも症状は悪化しておらず、その後の切断は不必
要で、且つ昨年までは定期検査していたが、全ての数値が正常でボケも全快しました。そこで、本年は殆ど検査らしいものはしておらず、医師は驚くと共に困惑
しているようです。人工透析で腕が腫れあがり、その治療に医師は試行錯誤と試みるが、悪化する一方でした。そこで、妻の試みで「スーパーメディカルマッ
ト」を腕に巻いたところ、一晩で完治したので本人も妻も医師も驚いています。

⑩無職 83歳
下肢血流血管障害で左膝人工血管入替手術を宣告されました。痛みがひどく、歩行困難で松葉杖を使用していましたが、息子から「スーパーメディカルマッ
ト」を薦められ約 20日間使用しましたところ、痛みが無くなり普段どおり歩く事が出来る棟になりました。その後、レントゲンや
MR検査によると血流は元通りになり、股関節と左膝の痛みが完全に無くなり、本人も病院も驚いています。

⑪無職 69歳
脳出血
(脳溢血)及び意識不明となり入院、手当てが早く一命を取りとめました。約4ケ月入院するも、床ずれがとてもひどく背中からお尻まで腐り穴が空き、骨まで
見え、見るも無残な状態でした。婿の奨めで「スーパーメディカルマット」を使用したところ、約2ケ月で床ずれが完治しました。又、神経障害が身体全体にあ
り、寝たきりで家族の完全介護の状態でしたが、この症状も治り、言語障害が少し残っていますが、現在通常どおり生活が出来る様になり、家族の方もとても救
われたと「スーパーメディカルマット」の有り難さに感謝されています。

⑫無職 48歳
風邪がこじれたので済生会新千里病院に行き、血液等の検査を受けたところ、血糖値が
300と言うことで、入院の段取りをして帰りました。その後、姉から「スーパーメディカルマット」の使用を薦められ使用し、私の都合で入院を延期しまし
た。その間薬もなく、インシュリンもなく、食事療法もせず
後に同病院で血糖値を測定したところ、116に下がっていて私も医師もびっくりしました。医師からこれだったら食事療法だけで様子をみましょうと言うこと
になりました。この「スーパーメディカルマット」のお陰と思います。

⑬無職 60歳
30歳頃から糖尿病になり、常に足の先が痛かった。平成 13年5月に左足を切断しましたが、平成
15年2月に心臓血管障害になり、社会保険医療センターに緊急入院しました。ところが、危篤状態で人工透析もしなけらばならないが、血管が極細になってお
り人工透析すると命がないと言われ、透析を中止しました。「スーパーメディカルマット」を使用したところ、突然元気になり、現在は左足に義足を付け毎日飛
び廻っています。この様に死期を告げられたのに右足を切断すること無く、明るく生活を送れることに対し「スーパーメディカルマット」を薦めてくれた方に感
謝しています。

bottom of page